2017年7月27日木曜日

粽、笹、森



しばらく前のこと、町内のおじいちゃんに手づくりの粽をいただきました。

大原では10年ほど前まで、「野上がり」と呼ばれる田植え後の祭りで、この粽を作っていたそうです。 
地元の神明神社は神主が住民による持ち回り制なので、その時期に神主がまわってきた人は、自宅で粽を100本も(!)作ってお供えしたそうです。 


その当時を懐かしみながら、子どもたちのために粽を作ってくれたおじいちゃん。

子どもへの温かい眼差しを常日頃から感じる大原ですが、地域の行事とも結びついたこの風習に込められた想いを感じて、嬉しく思いました。 

せっかくの機会なので、おじいちゃんにお願いして粽づくり教室を開いてもらいました。

作業は思っていたよりも重労働。
米粉:もち粉=6:4に、粉砂糖、水を混ぜたものを、ぐいぐいと手に体重をかけながら40分ほどもこねるのです。 

参加者たちが交代で挑戦しましたが、思わぬ力仕事でたじたじ。
おじいちゃんの力強い大きな手には敵いませんでした。 



こねた生地は、適当な大きさにまとめてから笹で包みます。

笹でつつまれたお餅の香りは、昔から大好きでした。




でも、この笹はもう地元では採れなくなりました。

犯人は、、、愛らしい姿のこの動物。 


温暖化や猟師の減少などで鹿が増え、鹿にとって冬の食料である笹が食害で姿を消しています。 
笹が無くなった森では、雨で表土が流出して、木の実から芽が出にくくなります。
無事に芽吹いても、鹿がそれを食べてしまうので木が育ちません。


森の変化は、農作物への獣害増加、土砂崩れ、河川の土砂堆積などなど、いろんなかたちで連鎖して私たちの暮らしに直結してくる問題。

大原の里山に暮らしていると、生活の端々で森の変化を感じることがあります。
私に出来ることはなんだろうなあ、、、と考え出すと、答えの見えないぼんやりとした不安の中に思考が停止してしまいます。 

50年後、100年後の森は、暮らしは、どうなっていることでしょう。




それでも、古道具屋という職業柄、
ひと昔に丁寧に作られた品々を受け継いでいくことは、ごくささやかなひとつの答えかもしれない。

そう思いながら、今日も獣害柵で囲われた畑を世話して、古道具と向かい合います。 

















2017年7月25日火曜日



今年は雨が少ない梅雨でした。

そのおかげなのか、畑ではズッキーニが絶好調です。
いろんな色のトマトやオクラ、ナスも採れ出しました。

夏の畑作業は過酷なので、汗びっしょりでくたくたになるのですが、美しい野菜たちに元気をもらっています。






先月末発売のLeafにツキヒホシを掲載いただいております。 

夏は蝉の声と濃い緑に包まれた大原へ、ぜひいらしてください。

(そうそう。 7/30 6:00~9:00  里の駅の朝市では、第一回収穫感謝祭として、炭火焼き野菜のふるまいがあるそうです。  採れたてピカピカの夏野菜たちがいっぱいです! なんと、すみれやさんも今回初出店されるそうで、色んな面白い食材に出会えそうです。
朝市の後、ツキヒホシにお立ち寄りいただける方は、どうぞ事前に09058891039 へお電話ください。ご連絡いただきましたら、朝9時過ぎのオープンもできるようにしております。





暑さの厳しい日は続いていますが、気がつけば昨晩、コオロギの声が聞こえてきました。
秋を先取りした気分で嬉しいです。 

みなさん、秋はもうすぐそこまで来ていますよー。






来月の営業スケジュールも更新しております。
営業日にご都合があわない方には、事前予約制のオープンもさせていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。 

<2017年8月の営業スケジュール> 11:00~15:30頃
5、8日、11日、13日、15日、26日、29日、31日

※ 19日&20日は「すみれや」さんにて古道具市を開く予定です!
詳細は後日あらためてお伝えいたします。 














2017年6月27日火曜日

定番の買い物かご

size : 60 x 51cm 
stock : SOLD OUT
ただいま、大きめの鏡が入荷しています。
塗装がとれかけた枯れた風合いの木製フレームが素敵です。 

そこに鏡があるか、ないか、で雰囲気ってかなり変わりますものね。
店舗備品にも良さそうです。




買い物かご(大)size : W42.5  x D22.5 x H34cm(持ち手含めず)  stock : 1
買い物かご(中)size : W33.5  x D20.5 x H30cm(持ち手含めず)  stock : 1

そして、籐の買い物かご。
この形の買い物かごは、古道具のなかでも定番の人気商品です。
きっと造りの丈夫さ、シンプルで実用的な形が万人に愛されて、昭和の時代にたくさん作られたのだと思います。

かくいう私も、
「マルシェに行って、色々買おう♪」と意気込んでいる日は、このかごです。
たっぷり買い込んで、少々重くなっても大丈夫。
頼もしい相棒です。

ここ半年ほど、状態の良いものに出会えず置いていなかったのですが、最近やっと2つ見つけました。
やや小振りなものと、たっぷりしっかり入る大きめサイズ、いずれも状態は◎
お探しの方がいらしたら、見に来てください。 







来月の営業スケジュールも更新しております。
営業日にご都合があわない方には、事前予約制のオープンもさせていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。 

また、ブログでご紹介しております商品はごくごく一部ですが、遠方で来られない方への通販も可能です。
気になるものがありましたら、お問い合わせくださいませ。 




<2017年7月の営業スケジュール> 11:00~15:30頃
2日、5、8日、15日、16日、18日、22日、25日、28日、29日

※22日のみ、13:00~16:00の営業時間とさせていただきます。




2017年6月15日木曜日

収納用品、いろいろあります & すみれやマーケット ご案内 



バスケット(中央)size : W37cm,  H31cm SOLD OUT
バスケット(左) size : W46cm,  D28cm,  H34cm  SOLD OUT  

収納ボックスとしても使える古道具たちが新入荷しています。 

大きめサイズのバスケットは、雑多な日用品を仕舞っておくのに便利。
食料品、こどものおもちゃ、布類など・・・たっぷり入ります。 



銅製容器
size : 直径36cm、高さ36cm 、 蓋を含めた高さ41cm 
stock : 1

こちらは特大の銅製容器。
惚れ惚れする渋い光沢が出ています。 
shabbyなインテリアがお好きな方に是非使っていただきたいです。 








空梅雨でさわやかなお天気になりそうな今週末は、すみれやさんの「すみれやマーケット」に出品予定です。

ドライフラワーのスワッグを3つ作りましたので、持って行きますね。
その他、生花のミニブーケ、小さめのざる類、お手軽なお買い得品たちもご用意していきます。

ゆるりと楽しい時間を過ごしにいらしてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日時:6月17日(土)・18日(日)各日11:00~16:00

会場:すみれや店舗内

<17日出店者>

・aurora sweet(スコーン、焼き菓子など)
・ミヤサイ(無農薬野菜、味噌などの加工品)
・sucihati(アジアン雑貨)
・なんだろ菜(お弁当)
・WILLOW(アロマハンドマッサージ、気功)
・空想 -sky and water-(コーヒー、紅茶、ハーブティーなど)
・ツキヒホシ(古道具、お花)
・まっちゃん(お抹茶と落雁)
・すみれやスタッフ(食器、雑貨など)

その他、数組の出店者を予定しています。

<18日出店者>

・みるまに-mirumani-(刺繍の雑貨)
・Caffe Micio(フェアトレード&オーガニックコーヒー、豆乳カプチーノ)
・warung roti(自家製酒かすの天然酵母パン、梅酵素しゅわしゅわソーダ)
・水田家の食卓(おにぎり、お菓子類、飲み物)
・西陣の無人フリマ 本日有人 (古着、 着物はぎれ、古いもの)
・あかま(和菓子・抹茶)
・オーガニック nico&たびより(有機栽培の野菜・アフリカ雑貨)
・sucihati(アジアン雑貨)
・ツキヒホシ(古道具、お花)
・すみれやスタッフ(食器、雑貨など)

その他、数組の出店者を予定しています。









2017年6月11日日曜日

京都お店探訪記#2 〜 WIFE & HUSBAND 〜 




北大路駅近くの隠れ家のようなお店、WIFE & HUSBAND さん。




一歩足を踏み入れると、そこは外界とは違う時間の流れ方をしているかのようでした。 

ひとつひとつ物語を秘めたヴィンテージの調度品たちが肩を寄せ合って、魅力的な空間を造り出しています。

珈琲の香りに包まれながら、深々とお店の世界観に浸りきるのが心地よくて、、、 
日常の雑事から解き放ってくれる貴重なひとときを味わわせてもらいました。 




ツキヒホシからお嫁入りした白磁隅切豆皿たちも、こんな風に使っていただいているのを見て、とても嬉しいです。 


100年前はきっとどこかの食卓でお漬け物を載せていた豆皿が、今はカフェでスプーンを載せている不思議。

100年後も、どこかで誰かに大切にしてもらっていたらいいなあと思います。 










2017年6月8日木曜日

同居人



田んぼでは稲が風になびき、青空を写しています。 

今年はウグイスに混じって、アカショウビンの鳴き声もよく聞こえます。

心地いい日和が続きましたが、そろそろ梅雨入りでしょうか。





我家の小さな庭では、ただいまユキノシタが満開です。
今年は例年の倍ほども多く花が咲きました。

思い当たるのは、1月の大雪。。。 
山のように積もった雪は3月に入るまでずっと庭に残っていました。
ちょうどユキノシタがある場所に。

分厚い雪に覆われている間に、ランナーを延ばして春の準備をしていたんですね。
名前の云われはきっとそこにあるんだなあ、と気づかされました。 


そのユキノシタに囲まれた蹲には、新しい同居人。
トノサマガエルです。
朝はいつも蹲の端っこに座って、見送ってくれます。
毎日のように顔をあわせていたら、だんだん愛着が湧いてきました。


最初は1匹でしたが、ただいま3匹に増えています。 
にぎやかな夏になりそうです。










2017年5月26日金曜日

畑、2年目




趣味で畑をはじめてから、まだ1年と少しです。
畑をする前と後とでは、生活がこんなにも変わるのだと予想していませんでした。

特に春は植え付けシーズンで大忙し。
蒔いた種や、定植した苗たちがどうしているのか気になって、毎日畑へ通います。

雨が少ない時期は汗をかきかき水やりし、雑草の成長と競争しながら草刈りをして、トマトやきゅうりの支柱をたてたり、ジャガイモの芽かきをしたり、収穫ピークを迎えてお祭り状態になっているスナップエンドウを採ったり、なかなか大きくならないタマネギを見てため息ついたり、ズッキーニの葉についたウリハムシを捕まえたり、テントウムシを見つけて和んだり、キャベツを食い荒らす犯人を捜したり、ルバーブの花の臭いにびっくりしたり、、、、、。  

小さな畑ですが、発見とドラマに満ちています。 




でも天気の具合や、苗の成長を見ながらの畑作業は、待った無し。

気がつけば、日々がすっかり畑を基準にしてまわっているのです。 



(先日の五右衛門マルシェ出店には、大切に育てた花たちを使ったブーケを持って行きました。たくさんの方にお届けできて幸せです。) 


さあ、明日も畑が待っています。


あ、もちろんお店も開けておりますよ♪   





来月のスケジュールも更新いたしました。 
美しい大原の初夏を、見にいらしてください。

<2017年6月の営業スケジュール>
2日、4、10日、12日、15日、20日、25日、28日