2017年4月18日火曜日

5月5日「暮らしのカゴ & 丹波立杭焼 展」 開催します。


ゴールデンウィークが迫ってきました。
芽吹いたばかりのモミジの葉も、そのころにはさわさわと風にそよいでいることでしょう。 

去年開催して好評いただいた「カゴ展」ですが、
今年も仕入れに奔走して品数が集まりましたので、1日だけ開催しようと思います。






「暮らしのカゴ & 丹波立杭焼 展」

 日時: 2017年5月5日(祝) 10:30〜15:30


暮らしに寄り添ってくれる様々な形のカゴやざるたち。
冬の間に厳選して仕入れた約70点を展示販売いたします。

形・大きさ・用途・素材など、多岐にわたるカゴ・ざるを見ていると、生活の知恵の奥深さ、日本人の器用さを想わずにはいられません。 
本来の用途とは異なっても、アイディアひとつで現代の生活に取り入れることができるカゴたち。

どうぞお気に入りを見つけにいらしてください。 

(岡崎ワンダーマーケットにもカゴを一部持って行きますので、5月5日の時点で上記写真にある商品が売り切れている可能性がございます。ご了承くださいませ。)




今回は、ご縁があってたくさん仕入れた「丹波立杭焼」の器も一緒にお披露目いたします。

伝統的な登り窯で作られた、火と土の芸術品。
素朴で野趣あふれる焼き締めの器は、食材の色をきれいに見せて、料理をいっそう引き立ててくれます。 (昨日のブログには、その一部を実際に使ってみた写真を載せています。) 

種類は、小皿、お猪口、片口がメインです。 
ほとんどが林造窯の大西林造氏による焼き締めの作品で、長期保管の未使用品となります。(ごく一部、異なる作家作品や中古品もあります。)
品で購入するよりもかなり割安で販売することができますので、とても良い機会になるかと思います。 
 
新緑の京都・大原で、みなさまのお越しをおまちしております。 




<丹波立杭焼について>
瀬戸・常滑・信楽・備前・越前とともに日本六古窯のひとつ。
その歴史は平安時代末期〜鎌倉時代初期と言われています。
17世紀になってから「登り窯」が使われるようになり、その伝統は今も受け継がれています。 
皿や猪口、花瓶など、生活に密着した民芸品を多く造り出しています。 









2017年4月17日月曜日

春。 左京ワンダーランドがはじまります!



草木たちの芽吹く様子が目にまぶしい季節です。 

畑では虫の姿が急に増えて、雑草もぐいぐいと背を伸ばし、食べられる野草たちも出てきました。



春の恵みが、こんなにたくさん。 

たくさん生えている甘草(カンゾウ)を、ネギ焼き風に。  


ツクシの佃煮は懐かしい味。


器はすべて、丹波立杭焼です。






さて、今年の左京ワンダーランドもいよいよ開幕! 

みなさん、チラシ・マップ・スタンプカードはどこかで既に入手されましたでしょうか。

西淑さんのイラストが毎回楽しみで仕方ないのですが、今年も見惚れる美しさです。 




星空スタンプラリーの期間は、4月20日〜6月30日。

ツキヒホシはどちらも参加させていただいております。 

左京区をメインとした、面白い店、アヤシイ魅力の店、美味しすぎる店、こだわりの半端ない店、ちょっと不思議な店、、、に出会う2ヶ月間。

マップを眺めながら、スタンプラリーでまわりたいお店をチェックするのも愉しいひとときです。(私のマップには、赤丸がいっぱい・・・!)



ツキヒホシでお買い物いただいたお客様には、これまた可愛いヤギのスタンプを押させていただきます。

5個目のスタンプをツキヒホシで入手された場合、ツキヒホシからの景品は、デッドストックのビー玉です。 
500円以上のお買い物の場合は、写真右のビー玉10個。
3000円以上のお買い物の場合は、写真左のビー玉10個です。
左のマーブル模様のほうは、大阪の松野工業株式会社さんが約40年前に生産していた商品で、今はもう作られていません。

もしかしたら別のオプションをご用意できる日がごくたまにあるかもしれません。
できれば事前にお知らせさせていただきますね。 



そうそう、大原の桜は今が満開。
京都市内より例年5~7日ほど遅いのです。
お花見しそびれた方、まだ間に合いますよ♪  





















2017年4月7日金曜日

ホーボー堂



新生活がはじまる季節ですね。
畑のシーズンもはじまりました。 

年度替わりの慌ただしさのなか、少々ブログが滞っておりましたが、
今日は商品のご紹介ではなく・・・
食いしん坊店主のお店訪問記です。

ツキヒホシへは遠方からのお客様もいらっしゃいますし、京都オススメスポットのご紹介としてお役に立てれば幸いです。 

 

「ホーボー堂さんの”おはぎ”がすごい」と聞いたのは、昨年秋のこと。


正直なところ、おはぎにそれほどの魅力を感じたことが無かったため聞き流しそうになったのですが、、、
その言葉を発した友人は自然農の野菜をつくる人であり、ほんものの素材の味をよくよく知っている人だったため、ホーボー堂というお店の名前はずっと心に残っていたのでした。 


やっと訪問できたのはそれからずいぶんと時間が経ってからのこと。


なるほど確かにすごかったのです。 

私が知っていた、甘くどっしりした、あの小判型のおはぎとは別物でした。 

滋味深い雑穀の混じった米を包むのは、「豆」本来の味が際立つ餡。 

本当に良い素材を、丁寧に丁寧に仕込んでらっしゃるのだろうと舌で感じられて、
気持ちも満たされるようなお味でした。 




そして、おはぎだけでなくランチもすごかったのです。 
写真は、玄米おにぎりと野菜のおかずのセット。

営業日が少ないためなかなか予定があわないのですが、また必ず再訪したい隠れ家のようなお店です。 

本棚には気になる本がいっぱい、不揃いなレトロ家具たちも可愛らしく、時間を忘れさせてくれるような居心地の良さでした。 






<お知らせ>

4月14日は営業予定にしておりましたが、所用のため休業とさせていただきます。

ご予定されている方がいらっしゃいましたら誠に申し訳御座いません。

時間帯によってはオープン可能ですので、ご来店希望の方がいらっしゃいましたら、お電話かメールにてご相談くださいませ。 (コンタクト先は、基本情報ページに。)






2017年3月24日金曜日

フキノトウ 



大原にもやっと、フキノトウが出てきました。

冬の間は縮こまっていた雑草たちも、姿を消していた虫たちも、食べ物を探す鳥たちも、
生き生きとして春を歓んでいるようです。 



今日は、冬の間に仕入れたあれこれをご紹介。 


昭和レトロなタイルの流し台。
コンディションが良く、可愛らしい花柄です。 




ピンクのタイルが空間のアクセントになってくれるので、店舗にもオススメです。
縦に置けば、ディスプレイ棚としても使えます。 


ガラスのデシケーター(乾燥容器)。               SOLD OUT 


唐木の書見台(組み立て式です。)


肥前ガラスの冷酒入れ


某、有名な金網やさんの作品と思われる、茶こし(未使用)                                  SOLD OUT 
などなど、一期一会の古物たちが集まっています。 




営業スケジュールも更新させていただきました。 


<2017年4月の営業スケジュール>
1日、6日、8日、11日、1416日、19日、23日、26日、29 

※4月30日は、左京ワンダーランドの岡崎ワンダーマーケットに出店いたします! 

※営業時間は「11:00~15:30頃」とさせていただいておりますが、その前後の時間帯でも営業可能です。事前にお問い合わせいただきましたら、調整させていただきます。 

また、掲載している営業スケジュールは、確実にオープンする日ということで発表させていただいております。実際には予定日でなくとも開店していることもありますし、事前にご相談いただきましたらご都合にあわせてオープン可能な日もございますので、どうぞお問い合わせください。








2017年3月14日火曜日

春の森で



寒さがゆるんで、春の香りがする森へ。 


きれいな緑色のアオバトがいました。 




フサフサした毛、ピンクの鼻、ちょこんと出した手、黒々と光る目。

今年も樹洞から顔を出してくれた、ムササビさん。






ツキヒホシもいよいよ日曜日から営業再開となります。

冬の間に仕入れた面白きモノたちがたくさん。 
ゆっくりブログでご紹介させていただきますね。 




3年目の春、どうぞよろしくお願いいたします。










2017年3月2日木曜日

「お米バッグ展」にツキヒホシも出品いたします





2017年3月10日〜12日の3日間、
すみれやさんで開かれる「お米バッグ展」にツキヒホシも出品させていただきます。


お米を運ぶときしかお世話にならないなんてモッタイナイほど、丈夫にできている米袋。
柿渋で染めたり、取手をつけてあげると、こんなに表情豊かになるなんて知りませんでした。
表面のシワの具合や模様、ひとつひとつ顔が違います。
使い込んでいく楽しみもありそうです。 


米袋でポーチをつくるワークショップの他、
わら箒や鍋敷き、野草茶、猪脂ワックス、茶水さんのおやつ等も集まって
気になるものがいっぱいの展示になりそう♪  

ツキヒホシからは、日々の暮らしにあると頼もしい古道具たちを持って行く予定です。
入荷したばかりの後藤塗三段重と木製刳り貫き茶櫃、かご類、豆皿などなど。


ぜひ遊びにいらしてください。 








また3月中旬からは、店舗のほうも冬眠から覚めて通常営業を開始します。

<2017年3月の営業スケジュール・・・19日、24日、25日、28日 >



大原で春を探す里山散歩、いかがですか? 

梅のつぼみもぷっくり膨らんできました。
そろそろウグイスの声が聞こえるかな、と心待ちにしています。 














2017年2月11日土曜日

「たねたね会」 自家採種のタネを交換しましょう♪ 




ちょうど1年前に畑を借りはじめてから、タネにも徐々に想いが募るようになりました。 
なつかしい童謡が母から子へ受け継がれて来たように、
在来種のタネも毎年毎年畑で育てることで、日本各地で受け継がれてきました。

土地に根ざして、大切に守られて来たタネ。


F1種を否定するわけではもちろん無いのですが、
先人たちが壮大な時間をかけて慈しみながらつないできた在来種のタネが
ひそやかに絶えて行くのは、なんだかたまらなく寂しい。

古道具と違って、タネは年数を置くと発芽しなくなって使えなくなるものがほとんどなので、どこかで誰かが育てないと、つないでいくことができないのです。

きっと昔、貴重なタネは人の動きと一緒に、色んな場所で交換したり譲ったりされてきたはずなのだけれど、現代はなかなかタネを交換したり、タネについて知ることのできる場が少ないように思います。 


そんな話のなかから企画が生まれた「たねたね会」。


今回は「種は人づてに旅をするもの」と仰る、
土井孝浩さんをお迎えして種のお話もお聞きしたいと思います。

タネについて知りたい方、交換したい方、想いを共有したい方、ぜひお越し下さい。


※ 会場となる古民家「五右衛門」は、場所がわかりにくいです。
初めてお越しの方は、グーグルマップで地図をご確認いただくか、チラシのマップを参考にするなどして、場所をご確認の上でご来場くださいませ。 




※下記、チラシのテキストを抜き出して掲載しています。 




  たねたね会 
  ~種をつなぐ、食を考える、生命がめぐる~


 201734日(土曜) 
  10:3011:30 土井 孝浩さんお話会「種からはじまる食と農」 
  11:3012:30頃 タネの交換会 

参加費:300円 
●上高野の古民家「五右衛門」にて  < 住所:左京区上高野植ノ町5 >  
   自転車・バイクは駐輪可能。近くにコインパーキングはありませんので、公共交通機関をご利用ください。 叡山電鉄・三宅八幡駅より徒歩約7分。   

<土井孝浩さんプロフィール> 
 1973年生。兵庫県宝塚市出身。 岡山で果樹の栽培を仕事としていた時代に、在来作物(固定種野菜)に興味をもち、種の多様性に魅了される。 現在は丹波春日町にある1反弱の畑で、不耕起・無肥料栽培・自家採種の作物を栽培。 趣味は、在来作物をたずねて全国を旅すること。 ひょうごの在来種保存会の世話人であり、野菜ジュニアソムリエ、雑穀エキスパートの資格所持。 

<タネの交換会 >  
  自家採種のタネを交換しましょう。種は昔から各地を旅し、変わり続けてきました。そんな種の旅が、あなたの畑へ、そして未来へも続いて行くことを願っての交換会です。 種をお持ちでない方もどうぞご参加ください

五右衛門カフェも同日開催!  (カフェは16:00まで開いています)     
おくどさんで炊いたご飯と野草のワンプレートランチ、手づくりスイーツ、ドリップコーヒーなどの出店があります。

★スコップアンドホーさんも出店!
選りすぐりの野菜・加工品などを持って来てくださいます。

★虹色パンダさんも出店決定!(追記)
手づくりケーキや焼き菓子も楽しみです。

 <主催・問い合わせ>  
 せぼらびfarm 石田彌生 080-5349-7066
 ツキヒホシ 山本真琴 090-5889-1039